婦人科系疾患

【働く女性たち】

最近の女性の活躍は、世界だけでなく日本でも目を見張るものがあ
ります。

政治経済界、スポーツ界いたるところえで頑張る女性。

仕事を持つ女性は、男性と同じように仕事をこなし、その上で家庭
においては主婦としての顔を持ち、妻や母の勤めがあります。

主婦のほとんどの方も、パートやアルバイトをされているようです。

まったく頭が下がります。感謝感謝です!

ヨシダカイロは、お陰様で開院以来十数年にわたり、1万人以上の
悩める方々と向き合ってきました。

そのうち、女性の患者さんが70%を超えます。

そのような経験、実績から女性特有の症状についてお話したいと思
います。

 

【毎日溜まっていく疲労や体の歪み】

毎日の仕事や生活による疲れや体の歪みが蓄積されて、体の
中心である骨盤が歪みます。

骨盤の歪みで骨盤内の臓器は硬直し、うっ血します。

生理痛の原因は、骨盤内のうっ血(血行不良)です。

女性は男性の比べて、骨盤が横に広くハート型をしています。妊娠
したら、赤ちゃんを優しく包むように中も脂肪で柔らかく保護され
ています。

だから、骨盤が縦に長い男性よりも女性の方が骨盤はズレやすいの
です。

うっ血した骨盤内の臓器に対して、身体は、血流を確保しようとし
て副交感神経の働きで痛みの伝達物質であるプロスタグランジンを
分泌し、痛みが生じるのです。

また、生理痛を治りにくくしている原因の一つは、女性が自己流の
対症療法で、消炎鎮痛剤(痛み止めの薬)を常用することにありま
す。

「消炎鎮痛剤」は、一時的にはいいのですが、交感神経の過緊張を
引き起こし、骨盤内のうっ血はますますひどくなるばかりで、身体
はどんどん冷えて、冷え性に悩まされることになります。

飲み続けることは体によくないと言うことです。

そんなことをいっても仕事中は何もできないし、ついつい薬のお世
話になりますよね。手軽だし…!

でも怖いんですよ!

 

慢性的な交感神経の過緊張は、進行すると子宮をはじめとする婦人
科系の器官を直撃します。代表的なトラブルは「卵巣嚢腫」です。

排泄能力が低下し、卵巣の中に分泌液が溜まり、水を入れた風船の
ように腫れてしまう病気です。

お子さんの産めない体になりたくありませんよね。

【婦人科系の症状にはこんな施術が有効です】

骨盤の歪みを調整すれば、骨盤内の血行が促進され婦人科系の器官
も機能が回復し、痛みや不快な症状が改善されます。

生理痛がつらいからといって、消炎鎮痛剤に頼り切るのはやめまし
ょう。

仕事や人間関係でストレスがたまっていたり、夜更かしをする癖の
ある人は、おのずと交感神経過剰状態になっています。

しっかりと睡眠をとり、自律神経のバランスを整えましょう。

ヨシダカイロでは、毎日の疲れやわずかな骨盤の歪みをとる超簡単
な、寝る前にする寝たまま体操「自己回復法」を指導しています。

お陰様で、大変ご好評をいただいており、当院の特徴の一つとなっ
ております。

「自己回復法」を行うことにより自律神経も整い、自然と心地よい
睡眠に入ることができます。

施術と合わせて行うと施術効果も倍増、あとあとの健康維持にも大
いに貢献します。

そんなに難しい、特別なことをするわけではありません。

やる気さえあればだれでもできる、理に叶なったことをすればお薬
のいらない生活が待っています。

ヨシダカイロを卒業された患者さんは、ほとんどの方がこの「自己
回復法」を実践され、楽しい有意義な日々を過ごされています。

ヨシダカイロにお気軽にご相談ください。

【婦人科系疾患が改善された患者さんの声】

当整体院に婦人科系疾患で来院された患者さんからいただいた感想
文を紹介します。

ご参考になれば幸いです。

感想文と写真・・・5例ほど

【お気軽にご相談ください】

このページの先頭へ